創業融資サポートPRO広島: 融資を考えたときにまず行う事

Archive for the ‘融資を考えたときにまず行う事’ Category

創業融資では代表者の人柄や経営者に値するかが確認される

2017-03-28

融資の判断

代表者となる人物は経営者となるに値する人物か?

創業融資の申請をするときには、必ず面談が行われるようになっています。

ここでは代表者の人柄や経営者に値する人かどうかが確認されるようになっているので、あなたが代表者であるにも関わらず事業の説明がうまくできないかもしれないのでという理由で代理人に依頼をするということはできません。

面談に関しては、創業融資の申込を行ってから約1週間から2週間以内に日本政策金融公庫の管轄支店で行われるようになっています。

面談そのものにどのくらいの時間を要するのかというと、約1時間から2時間となっています。
おおよそですので、あなたの事業の内容などによって変化することは最初から覚悟して臨むようにしてください。

面談が終了してから1週間程度で融資ができるかどうかが判断されます。

面談では代表者の人柄や経営者に値する人かどうかが確認されるようになっているので、マイナスなことを自分から言わないようにします。

担当者からいくつかの質問が行われるようになっていますが、基本的に全て前向きに応えることが大切です。

マイナスの現状であっても、どのように解決する事ができるかというような建設的な話を進めるようにします。
あなた自身に置き換えて考えてみるとすぐに理解できると思いますが、お金を貸すときには自信があって向上心のある人の方が信頼感はあがりますよね?

また聞かれていること以外は言わないようにします。

聞かれていないことを話してしまうと、矛盾が生じて不信感を持たれるという原因となってしまいます。

したがってここでは担当者から聞かれている以外のことに関しては答える必要がありません。

限られた時間のなかで面談が行われるようになっているので、話が長くなりすぎないように結論からしっかりと伝えるようにします。

最初に結論を述べてから、理由を説明するというような形で話を進めていきますと、融資担当者のあなたの事業に対する印象は好印象になる確率が高いでしょう。

ここは公庫の担当者に自分のことを知ってもらう大切な場所となります。

したがって基本的には公庫の担当者が話をするようにし、必要のないことは話さないようにします。

面談で最も大切なことになるのは事業計画書との整合性です。

事業計画書は面談の前に提出している(融資の申し込みをする段階で創業計画書や事業計画書などの融資の判断材料となる書類は提出することになります)ので、担当者もあらかじめ目を通していることになります。

したがって事業計画書の内容をしっかりと理解して覚えておくことが大切です。
事業計画書を自分で理解するためにも正本と副本と最低でも2部は事業計画書を作成しておくようにしましょう。
パソコンで作成している場合にはデータとして残っているので公庫に提出しない自分で確認する事業計画書に関しては印刷までする必要はないかもしれません。

良くできた事業計画書は全ての項目が連動しています。
内容が一貫していると言うことで、事業計画書の内容だけでも創業者の考えや思いを読み取ることができます。

担当者からの質問に関しても、事業計画書と整合性のある回答を心がけるようにしましょう。

しかし時には厳しい指摘を受けることもあります。
厳しい指摘を受けたような場合でも熱くならずに冷静淡々と整合性が保たれるように答えるようにしましょう。

担当者からの質問のなかでわからないことがあった場合には、立場がまずいと考えてとっさに知ったかぶりをすることなく、素直に知らないと答えるようにしてください。

そのなかで損益計算書や賃借対照表などの最低限の数字の知識は身につけておくようにしておきましょう。
これから経営者として事業を始めるあなたが損益計算書や貸借対照表などの経営判断に必要な資料を見ることができないというのは問題ですからね!!

個人事業主にはアピールできる自分の強みが必要

2017-03-27

個人事業主

個人事業主ならば自分をアピールできる強みを1つは作ろう!!

日本の雇用システムが、一度入社してしまえば定年までは確実に保証される日本型の雇用から、欧米型の能力主義に近付いたことで、会社に雇用される人が少なくなってきました。

反対に多くなってきているのが、自分自身で事業を起こして、その収益で生計を立てることです。

そうした自分自身で事業を起こすためには、いくつかの方法がありますので見ていくことにしましょう。

まず一つ目としては、会社を設立するという方法があります。

しかし、会社を設立するためには、役所への書類の提出など、煩雑な手続をする必要が生じます。

また資金面においても、会社にするためには、初めにある程度の資金が必要です。
「会社は1円で設立できるって聞いた」と思われる方もおられるかもしれませんが、1円でも問題ないのはあくまでも会社の資本金の話であって、手続きの時に絶対に必要な登録免許税は資本金に関係なく必要となりますので資金はなくてはどうにもならないのです。

加えて、青色申告を行う際に自分で行わず税理士に任せる場合に支払う費用も、高くなることが一般的です。

こうした問題点が、会社の設立にはあるので、個人事業主として事業を起こすことが多くなります。

個人事業主になって事業を起こす方法は、比較的容易に事業を開始できるという、メリットがあります。

具体的には、事業を行う所在地の税務署などに、開業届を提出するだけで、事業を開始できるのです。

しかし、この方法の場合には、社会的な信用を得るまでに、長い時間が必要になります。

社会的な信用を得ることのメリットは、金融機関などから、事業を行うための融資が受け易い点です。

この社会的な信用を得るまでに、あまり長い時間を要すると、事業の継続や拡大が困難になります。

そこで必要になるのが、自分の強みを持っているということです。

自分の強みとは、それぞれによって異なります。

そうした自分の強みをアピールし易いのが、何らかの資格を取得していることです。

資格には、公的なものと私的なものの、2つの種類が存在します。

このうち、問題となる社会的な信用に関しては、前者の公的な資格のほうが、圧倒的に有利です。

例えば、飲食物を調理する調理師の免許は国家資格ですから、もちろん公的な資格になります。

いっぽうで、調理師免許を取得していなくても、飲食店を開業することは可能です。
調理師免許がなくても飲食店を開業できることにびっくりして違和感を覚える人は一定数存在していますね。

ところが、調理師免許を取得しているほうが、社会的な信用は高くなるのです。

調理師免許を取得するには、養成学校で勉強をするか、実務経験を経て試験に合格する必要があります。

このような調理に対してのバックボーンが、調理師免許取得者にはあるので、社会が信用するのです。

また近年は、個人事業主による事業の開始に対して、国が創業融資を手厚くするようになっています。

例えば、ある一定以下の貸し出しに関しては、担保を求めないことも多いのです。

担保を求めない代わりに求められるのが、アピールできる自分の強みなのです。

自分には融資をお願いするときに担保がないからとあきらめるのではなく、自分の強みを最大限に利用するようにしましょう。

市場規模の把握なしに拡大は難しく将来展望も加味した予測も必要

2017-03-23

創業融資
創業融資を行う際にそのビジネスの展望性はあるのかは判断基準の1つになります。
判断基準の1つではありますが、ウェイトとしては非常に高いと言えるかもしれませんね。

その判断基準の中で市場規模を問われる可能性もあります。

市場規模とはこれから始めるビジネスにおいて、あなたの事業のお客さんとなりうる人がどの程度存在するのかということです。

除雪用具は基本的には降雪地域でしか需要がなく、自動車販売では免許を持っている人全員が市場規模になります。

このようにいくらビジネスに将来性があっても市場規模が小さくなるようなビジネス内容ではお客さんの絶対数が少なくなることが予測されるためビジネスとしての将来性はない又は低いと判断されてしまいます。

特に店舗などエリアに限定したビジネスを展開する場合には、徒歩圏内なのか自動車での来店をある程度想定しているのかなどの商圏設定が重要になってくるでしょう。

その地区に将来的に人口が増加する見込みが当然なければ、将来性は失われます。

また、あなたの開始する事業の同業他社がひしめき合うエリアであれば、商圏のなかの顧客の取り合いになるためどのように優位に立つかビジョンをもって説明できなければ融資が可能だとは判断されません。

通信販売のようなお客さん候補のターゲット層が広い商売であれば、商圏はインターネットがつながる全世界となりますが、その中の顧客層による市場規模は限定されます。

たとえば電化製品を専門に扱う通信販売であれば、どの家庭でもターゲットになりますが、たいていの家庭の場合では買い替えとなります。
一年間での買い替え率が市場規模になり、その中で同業他社とシェアした分があなたの事業の規模と判断されます。

先の自動車の例でも新車の需要は年間500万台程度、しかし中古市場であればその10倍以上の5000万台程度の市場を持っています。

さらにエリアの限定や同業他社のシェアを考えれば市場規模の限定は余儀なくされます。

つまりより新しい商品でどの層でも利用することのできる商品であれば、市場規模は限りなく無限大に近いのですが、必ず後追いの業者は出現します。

創業者より財力のある大企業の追随など社会では一般的です。

そのような事態も回避できる事業計画を事前に準備しておくことでリスク回避になり、創業融資を受けやすくなるのです。

市場規模は社会の動きによっても変化します。
震災が起きれば復興のための資源調達や人力が必要なりますし、現在の日本のようにオリンピックが数年後に開催されるとなれば、建設業界には追い風です。

新幹線が開通すると駅周辺の活性化や観光業界や旅行業界にも変化があります。

将来の動きを先読みし、追随していく能力も市場規模の把握とともに経営者に必要な能力となってくるのです。

市場予測などを行うと同時にあなたか個人事業主として始める場合もあると思いますので「個人事業主にはアピールできる自分の強みが必要」もご覧になってみてください。

日本社会の現在と創業融資の時代背景

2017-03-22

日本の創業融資

日本社会の現在は高齢化社会となっています。そして今後は超高齢化社会となっていきます。

世界でも驚異的なスピードで少子高齢化が進み、高齢化社会よりさらに進んだ高齢社会という日本でこれから起業しようと考えたときに、時代背景をしっかりと読むことという点が大切になってきます。

すなちこれから行おうと考えている事業の業界が、時代に合っているかどうかを見極めなければいけないと言うことになります。

日本社会の現在と今後に関しては、高齢者の割合が大きくなっていくというのは間違いありません。
したがって将来的には高齢者向けのビジネスというものが注目されています。

また国も高齢者向けビジネスの開拓に関しては補助金や助成金を交付することで起業を促すように力を入れています。

高齢化社会を迎えていると言うことで、起業と時代背景とは将来的に強いつながりがあると判断できます。

この先伸びていく業界とも判断することができます。

起業をするときには資金が必要となるので、創業融資を考えている人が多くなっていますが、将来的に有望視されている業界であっても、必ずしも創業融資の申請が通ると言うことではありません。

業界の大きな成長が見込まれると言うことは、他の人も同じように新規参入を考えていると言うことにつながります。

あなたのライバルがたくさん存在すると融資担当者が理解しているのであれば、あなたは他の競合会社とは違うところをアピールして違いを演出する必要があるでしょう。
創業融資の申請を行う際には必ず面談が行われるようになっています。

融資の時の面談で想定される質問をあらかじめ頭に入れておくことで、創業融資を受けることができる可能性は全く予想してなくて臨むケースよりも高くなることは間違いありません。

基本的には全て前向きに考えるように話を進めていきます。

創業動機や目的に関しての質問では、やる気の確認もされているということを忘れないようにしましょう。

代表者の略歴に関しては、創業ビジネスに活かすことができる経験をたくさんしているということが大きなポイントです。

創業する際には実績がないということで、代表者の今までの経験が評価対象になっています。
個人ですでに同じ事業を行っていたのであれば、個人事業の実績を見せることも可能になるでしょう。

市場環境に関しては、自分がこの先携わる業界の現状の環境や将来の見通しなどが確認されるようになっています。

ここでは問題点をしっかりと分析する力も確認されています。

したがって日本の社会の現在の市場の分析をしっかりと行っておくと言うことが大切です。

日本社会の現状の中でも、とくに環境や競合を分析することで、それが自分の会社の強みや差別化を知るきっかけとなります。

起業すると言うことはその先の売上も重要です。

したがって売上の見通しに関しては、事業計画書の内容にあわせて説明することができるように準備しておきます。

とくに計画書との整合性をしっかりと意識して話を進めるようにします。

整合性のない計画書は存在している意味がないと考えてもいいでしょう。

日本の時代背景とともに「市場規模の把握なしに拡大は難しく将来展望も加味した予測も必要」もご覧になってみてください。

事業の将来性や事業の確実性の示し方

2017-03-21

事業計画
創業融資を受けるには創業計画書や事業計画書の作成が必要になりますが、その目的は淡々と事実の説明をすることではありません。

この事業にはお金を出す「魅力」が十分あるとしっかり伝えられることが大切なのです。

融資する側があなたの事業に惚れ込んでくれれば、融資が採用される可能性は高まりるのことは当然ですね。

融資をする側にとっての事業の魅力は、原因を細部まで突き詰めていくと将来性と確実性に行きつきます。

担保を取ってお金を貸す行為と違って、担保を取らない創業融資の場合には、あなたが行う事業の将来性と確実性を評価して、それに賭けるしかないのです。

融資の担当者に賭けてもらうためには、魅力に惚れ込んでもらうことが非常に大切です。

将来性と確実性は面接の際にも必ず聞かれるといっていいでしょう。

日本政策金融公庫などが最初から準備している所定の様式では、あなたの事業の魅力のすべてを書ききれない場合が多いので、別途説明書を作成しポイントを明らかにしておくことをお勧めします。
元々個人で事業を行っていて、これから会社を設立してはじめようと考えている方の場合には個人事業時代の売り上げ実績をデータとして載せておくことは効果的と言えるでしょう。

事業の将来性を説明する項目の中で重要なのはマーケットの成長性と規模です。

お客さんが沢山いて今後もニーズがどんどん増えていくのであれば将来有望な事業であると主張することができます。

成長すると「思う」とか、成長「させたい」とかの「つもり」や「希望」ではいけません。

融資をお願いする場合には、あなたの面談を行うことになる融資担当者に客観的に納得してもらうことが重要です。
例えばレコードにとってかわったCD、ビデオから映像の美しさと劣化しないことで市場変えたDVDやBlu-rayディスク、一家に一台から一人に一台となったパソコン(タブレット)や携帯電話(スマートフォン)。

少子高齢化や地球環境保護、世界中の巨大自動車メーカーが必死になって開発している自動運転技術など創造、革新、新たなマーケットの発見という成長を実現したケースと関連付けられる可能性を検討してみましょう。

市場規模は事業の顧客が、世界、全国、特定のセグメントのどこにいるのか、分類して種類と大きさを示し、一部リサーチをして見込みを示せば説得性が増します。

マーケットの全ては抑えられないので競合とシェアも示せるようにしておきたいものです。
マーケット規模が自社の顧客数より十分大きければ成功の確率は高いと説明できるでしょう。

実は市場が大きくかつ成長する場合は、多少運営に失敗しても倒産しない可能性は大きいのです。
これは資金回収を考える側には重要なポイントです。

次は事業の確実性ですがこれには二種類あり、一つが事業運営の条件や仕組みが整っていること、そして経営者に事業遂行能力があることです。

製品のサンプルがある、原材料が調達できる、見込める顧客や従業員がいる、具体的な店舗設計があるなど、言葉だけでなくモデルや図を使って確実さを示せるとよいでしょう。

経営能力は、自己資金や資金繰りの説明とは別に、経営者としての決断力、調整力、リーダーシップ、持続力、誘惑への抵抗力などを具体的な経験を挙げながら説明できるようにしておきましょう。

以上のように創業融資の申請には将来性、確実性が重要なポイントになります。提案する事業の魅力を十分伝え、融資の成功につなげましょう。

創業融資を獲得できる事業は時代によって変化してきますので「日本社会の現在と創業融資の時代背景」もご覧になってみてください。

ビジネス成功のポイントは融資にあり

2017-03-20

融資とビジネス成功

成功のためのポイント

起業を目的とする場合、無担保・無保証で資金を融資してもらうためには、公庫の新創業融資制度を賢く利用するのがビジネス成功への近道となります。

起業するにも現在用意できている自己資金の額によって、金融機関や行政書士事務所(行政書士以外の他の専門家も含みます)などに支援や協力をあおぐことができるメリットがあります。

自己資金が全くない状態でも知っておくと起業の時に有利に働くのが、創業融資と呼ばれる制度の利用で、成功のためのポイントも多数挙げることができます。

例えば、個人で事業内容の計画書類を作成することはできるものの、ノウハウや知識が乏しい場合には行政書士などの専門家にあなたの事業の創業融資支援を依頼することができます。

起業するにも事業を拡大させるにも、成功のためのポイントとなるのが事業計画書の作成にあります。

我々行政書士の起業家の創業を含む支援の1つに事実関係に関する文書などの書類作成があり、大企業から中小企業まで、成功者の事業内容に携わってきた実績から作成に協力することが可能です。

経営戦略やマーケティング戦略、競合他社の分析などをデータ化することによって、事業の本質的要素や将来のビジョンまでが把握でき、事業をスタートさせる前にあらかじめ修正しておくことも可能になります。

また、創業融資の審査において知っておくと有利なのが、面談で融資担当者から聞かれる質問内容です。

例えば、事業を始めようと考えた経緯についてや、事業のリスクや問題点への対策について、他社との差別化となる強みなどが聞かれるため、把握しておくことで受け答えの対策が可能です。
面談は代表者が1人で臨むことになり、その場で誰かに助けを求めることはできませんので、事業に対して自信をもって融資担当者に断言できることも非常に大切になってくるのです。

また審査の流れとしては、日本政策金融公庫も信用保証協会を使用する銀行系などの金融機関も事前の相談から申請を行い、面談の後に決済、契約の流れになっています。
創業融資を申請するにもタイミングを図ることにポイントがあり、時期を逃すことによって資金繰りが困難になったり、資金不足による事業の失敗や撤退などに直結するケースもビジネス社会の内情ですから注意するようにしてください。

もっともベストなタイミングとなるのが、創業前であるものの、創業した後1ヶ月以内が適しています。
なぜ創業仕立てのような事業の実績がない又は少ない状態がふさわしいのか疑問に思うかもしれませんが、一度でも決算を済ませてしまうことにより、事業での売上などの評価が明らかになり、審査でのデメリットに繋がってしまうこともあるのです。

売上や利益などが出ていない創業前や創業後直ぐの場合には、事業計画書による説明で切り抜けられるため、資金繰りで成功しやすい時期となります。

また知っておきたい情報となるのが自己資金の内容で、資金援助として贈与を受けるケースも少なくはないものの、この場合には贈与契約書の提出が求められる場合があるなど、資金使途不明金とならないための厳格な確認事項も展開されるため、該当する内容の場合、事前にチェックすることが重要となります。

融資がビジネス成功のために効果てきなことが理解できましたら「事業の将来性や事業の確実性の示し方」もご覧になってください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top