日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫とは?

事業計画書

日本政策金融公庫とは?

創業融資とは創業・独立・開業する際に自己資金のみで事業資金を調達することができず、他者からお金を借りて創業・独立・開業することをいいます。

日本政策金融公庫とはこの創業融資を行う機関の一つで、株式会社日本政策金融公庫法に基づき2008年10月1日に設立された財務省所管の特殊法人です。

国民生活金融公庫・農林漁業金融公庫・中小企業金融公庫、これら3つが統合され設立されたのが日本政策金融公庫になります。

事業内容は基本的に前身機関である国民生活金融公庫・農林漁業金融公庫・中小企業金融公庫が担っていた業務を引き継いでいますが、「民業圧迫」の意見に配慮し国民生活に深くかかわる3機関で行っていた業務は一部見直されています。

例えば、国民金融公庫が行っていた業務のうち教育資金の貸付けについては、低所得者の資金需要に配慮しつつ貸付け対象の範囲を縮小しています。

業務内容は国内金融業務として次の3つを行っています

①国民生活事業では地域に身近な金融機関として小規模事業者や創業企業への小口融資、児童への教育資金融資などを行っています。

②農林水産事業では、農林漁業や食品産業事業者への融資を通じて、国内農林水産業の体質強化や安全で良質な食料の安定供給を支えています。

③中小企業事業では、融資・信用保険などの多様な機能により日本経済の源泉であり地域経済を支える中小企業・小規模事業者の成長・発展を金融面から支援しています。

日本政策金融公庫を利用するメリットデメリット

日本政策金融公庫を利用するメリットは、運転資金融資でも返済期限が数年にわたるため、民間金融機関からの運転資金融資でよく見られる「期間1年の短期借入れの借換え」がなく、借換え時の貸剥がしリスクがありません。
金利は融資の種類・資金使途・返済期限・担保や保証人の有無などによってことなりますが、民間金融機関に比べて低い金利で融資を受けることができます。また、すべての融資で固定金利が採用されており、融資を受けた時点の利率が返済終了時まで適用されるため、返済計画が立てやすいというメリットもあります。

逆にデメリットとしては融資申込み時に資金使途・事業計画・返済計画などの説明を求められること、担保による返済を想定した融資には応じてもらえないこと、民間金融機関からの融資の借換えには応じてもらえないことなどがあげられます。
メリットやデメリットはありますが事業計画や返済計画を立てて事業を営む方にとっては、他の金融機関よりも日本政策金融公庫からの融資を検討してみてはいかがでしょうか。

日本政策金融公庫の他の融資先としても検討可能な信用保証協会を紹介しています「融資と信用保証協会について」もご覧になってください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top