金融機関との面談の際の注意点

金融機関との面談の際の注意点

融資担当者との面談

創業融資の時の金融機関との面談の際の注意点

創業などの融資を受ける際には必ず金融機関との審査面談が行われます。

この審査面談が融資を受けられるどうかの最重要ポイントになります。

一般的に審査面談と聞くと緊張してしまうものですが、基本的にどんな面談でも押さえておくべきポイントが存在します。

そのポイントを把握することで、融資を受けられる可能性は上がると言えます。

面談の際の注意点として、まずはこれまでの経験が重要なポイントになります。

あなたの今までの職歴などで経験したことや、そのような経験が事業を開始するにあたってどのような強みになるのか、などがチェックポイントになります。

基本的に会社から独立して同じような会社を起こす場合は比較的緩くなりますが、これまで経験してきた業種と全くの別の業種になる場合は非常に厳しくなることを頭に入れておいてください。

次に創業動機もポイントになります。

なぜ自分が起業したいのかを融資担当者に伝えることが非常に重要になります。

金融機関は起業家のやる気や熱意を重視する傾向があります。

熱意が感じられる人間は返済が見込める可能性が高くなりますので、審査も通りやすくなります。

次にポイントになるのが、事業の仕組みになります。

一般的な企業ならば金融機関の担当者もある程度は把握できています。

しかし複雑なビジネスの場合は稟議(あなたの事業に融資するかどうかを判断する際の会議というふうに考えておいてください)にかける際に説明しにくくなるので、しっかりとしたプレゼン資料などを作成する必要があります。

そして、同業他社との差別化もポイントになります。

創業融資をするかしないかの判断基準には、あなたの行う事業の返済能力が大きなウェイトを占めています。

起業家がビジネスを勝ち抜き、借りたお金を返済をしていくためには、戦略や戦術が大変重要になります。

事業の戦略や戦術を含めて明確なビジョンを提示することも大切な事になります。

次に自己資金です。

自己資金とは創業に必要な事業費をどこまで自分で用意したかを指しています。

この自己資金が多ければ多いほど審査は有利になりますが、ただ用意すれば良いわけではなくどのようなプロセスで集めたかが重要になります。

通帳を確認して、退職金や資産の売却、保険の解約などどうやって自己資金を用意したかと言う点がチェックポイントになります。

次に事業計画です。

毎月の利益の根拠を事業計画書を使い、説明します。自分の言葉で説明する事も重要ですが、何よりも具体的な数字を客観的かつ現実的に提示する必要があります。

そして、リスクマネジメントです。

理想通りに事業が展開する事は稀です。

その際に大事なのがリスクマネジメントで、トラブルに対する対応策がしっかりと用意されているかが重要なポイントになります。

面談をうまく乗り切ることも重要ですが、それ以前に融資担当者を納得させるだけの事業計画書が作成できていないといけませんので「融資のための事業計画書」もご覧になってみてください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top