創業融資の流れと審査期間について

創業融資の流れと審査期間について

創業融資

創業融資で気を付けるべきこと

これから起業しようと考えている人は、創業融資を受けることを考える場合があると思います。

その際にいくつかの条件がありますが、事業を開始した後税務申告を2期終えていない人や雇用創出や経済活性化、勤務経験につながる事業を始める人、自己資金要件などがあります。

これらの条件が揃っていれば融資を受けることができる可能性が高くなります。
実際に創業融資の申込から審査期間、融資実行までの流れは次のようになっています。

初めて融資の申込を行うという場合には、追加資料の提出を求められることもあるので頭に入れておきましょう。

なぜこのようになっているのかというと、事業の実現可能性や信頼性を確認するために資料が必要になるからです。

追加資料の提出を求められた場合には、審査や準備に時間やかかることが予想されるので、時間に余裕を持って借入計画を立てるようにします。

日本政策金融公庫を利用する場合には、まず借入申込書や創業計画書の作成を行います。

ここで必要な書類は日本政策金融公庫へ取りに行くという方法もありますが、インターネットのサイトからダウンロードして入手することもできます。

借入申込書では設備資金の所に注意します。ここでは必ず見積書が必要になります。
机や車両などの設備購入資金に関しては、購入を予定している業者に見積書作成を依頼します。

このほかにカタログやチラシやサイト画面の印刷でも代用できます。創業計画書はしっかりと返済ができることがわかるような資金計画をすることが大切です。

したがって売り上げや経費の根拠や裏付けを、事業に関して理解していない融資の担当者にもわかりやすくする必要があります。
これらを用意することができれば融資申込を行います。

管轄の支店に持って行くか郵送をするかの方法を選ぶことができます書類を提出すれば申込が終了となり、提出後1週間程度で面談が行われるようになっています。

提出の際に創業計画書の内容に関して質問されるというようなことはありません。

政策金融公庫に融資の申込みがたくさんある場合には、面談が遅れることもあります。

面談の際に必要な書類は後日渡される用紙に書かれています。個人の預金通帳が必要になりますが、ローンの返済や自己資金を確認するために使われます。
面談で融資が決定されれば契約書類が郵送されてくるので、ここに必要事項を記入し、契約手続きが完了となります。

融資決定金額に関しては、指定の口座に振り込まれるようになっています。

創業融資に関しては「審査決定までの流れ」もご覧になってください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top