ビジネス成功のポイントは融資にあり

ビジネス成功のポイントは融資にあり

融資とビジネス成功

成功のためのポイント

起業を目的とする場合、無担保・無保証で資金を融資してもらうためには、公庫の新創業融資制度を賢く利用するのがビジネス成功への近道となります。

起業するにも現在用意できている自己資金の額によって、金融機関や行政書士事務所(行政書士以外の他の専門家も含みます)などに支援や協力をあおぐことができるメリットがあります。

自己資金が全くない状態でも知っておくと起業の時に有利に働くのが、創業融資と呼ばれる制度の利用で、成功のためのポイントも多数挙げることができます。

例えば、個人で事業内容の計画書類を作成することはできるものの、ノウハウや知識が乏しい場合には行政書士などの専門家にあなたの事業の創業融資支援を依頼することができます。

起業するにも事業を拡大させるにも、成功のためのポイントとなるのが事業計画書の作成にあります。

我々行政書士の起業家の創業を含む支援の1つに事実関係に関する文書などの書類作成があり、大企業から中小企業まで、成功者の事業内容に携わってきた実績から作成に協力することが可能です。

経営戦略やマーケティング戦略、競合他社の分析などをデータ化することによって、事業の本質的要素や将来のビジョンまでが把握でき、事業をスタートさせる前にあらかじめ修正しておくことも可能になります。

また、創業融資の審査において知っておくと有利なのが、面談で融資担当者から聞かれる質問内容です。

例えば、事業を始めようと考えた経緯についてや、事業のリスクや問題点への対策について、他社との差別化となる強みなどが聞かれるため、把握しておくことで受け答えの対策が可能です。
面談は代表者が1人で臨むことになり、その場で誰かに助けを求めることはできませんので、事業に対して自信をもって融資担当者に断言できることも非常に大切になってくるのです。

また審査の流れとしては、日本政策金融公庫も信用保証協会を使用する銀行系などの金融機関も事前の相談から申請を行い、面談の後に決済、契約の流れになっています。
創業融資を申請するにもタイミングを図ることにポイントがあり、時期を逃すことによって資金繰りが困難になったり、資金不足による事業の失敗や撤退などに直結するケースもビジネス社会の内情ですから注意するようにしてください。

もっともベストなタイミングとなるのが、創業前であるものの、創業した後1ヶ月以内が適しています。
なぜ創業仕立てのような事業の実績がない又は少ない状態がふさわしいのか疑問に思うかもしれませんが、一度でも決算を済ませてしまうことにより、事業での売上などの評価が明らかになり、審査でのデメリットに繋がってしまうこともあるのです。

売上や利益などが出ていない創業前や創業後直ぐの場合には、事業計画書による説明で切り抜けられるため、資金繰りで成功しやすい時期となります。

また知っておきたい情報となるのが自己資金の内容で、資金援助として贈与を受けるケースも少なくはないものの、この場合には贈与契約書の提出が求められる場合があるなど、資金使途不明金とならないための厳格な確認事項も展開されるため、該当する内容の場合、事前にチェックすることが重要となります。

融資がビジネス成功のために効果てきなことが理解できましたら「事業の将来性や事業の確実性の示し方」もご覧になってください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top