創業時の初期投資と融資について

創業時の初期投資と融資について

創業融資

創業時は非常に大きな投資が必要となります。

創業時の資金は、いわゆる初期投資とよばれるものです。

主なものとしては店舗の契約や機械や事業用の車の購入さらには会社設立などが必要となります。

たとえば店舗の契約に関していうと家賃だけを支払うことだけでなく契約時には保証金や礼金などを家賃の数か月分支払うことが必要となります。

これだけでも数十万円もしくは数百万円かかることがあります。

事業の規模にもよりますが、製造業などで産業機械を導入するようなケースですと初期投資だけで数千万程度必要なこともあります。

この資金をすべて自己資金で賄うことは非常に困難です。

特に若い年齢で起業しようと思うと初期投資を用意するのに何年もしくは何十年かかることもあります。

こういった際には創業融資を利用することもひとつの方法です。

これは主として創業時に必要なお金を金融機関から借入するということです。

ほかにも融資のメリットもあります。

それは借入をすることによって実績ができるという点です。

金融機関から借入をする際に実績は非常に大切な要素のひとつとなってきます。

借入を組みそして少しづつ借入を返済することで信用ができることになります。

創業融資を受けるために大切なポイントはいくつかあります。

まず大切になるのは創業計画です。

これは現在事業をしている企業よりも非常に大事になります。

それは創業融資を受ける際の企業は当然実績は皆無に等しい状態だからです。
したがって既に開業して事業を行っている会社の実績に代わるものとして事業計画が非常に大切になるのです。

ほかにも資金計画なども必要になります。

これも創業計画と同様ですが事業の実績がないためどういった資金の流れで事業を行っていくのかということを明らかにすることが必要となります。

また金融機関によって創業融資に注力している金融機関など金融機関ごとの特色もあります。

なかでも特に創業の際に多くの人に利用されているのが日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫とは政府が100パ-セント出資している国策企業です。

したがって現在日本の政策として起業に力を入れているため創業融資が比較的組みやすい状況にあります。

日本政策金融公庫では商品ごとに利率が決まっており創業融資であれば利率数パ-セントという形で一律に決定されています。

また日本政策金融公庫以外の金融機関でも最近は創業融資に力を入れている金融機関は増えてきています。

したがって融資を受ける際にはそれぞれ金融機関の特色を把握して資金調達を行っていくことが非常に大切となります。

ほとんどの方は自己資金だけでは事業を開始することが厳しいとなると融資を利用することが=ビジネスを始めるためには必要ということになりますので「ビジネス成功のポイントは融資にあり」もご覧になってみてください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top