日本社会の現在と創業融資の時代背景

日本社会の現在と創業融資の時代背景

日本の創業融資

日本社会の現在は高齢化社会となっています。そして今後は超高齢化社会となっていきます。

世界でも驚異的なスピードで少子高齢化が進み、高齢化社会よりさらに進んだ高齢社会という日本でこれから起業しようと考えたときに、時代背景をしっかりと読むことという点が大切になってきます。

すなちこれから行おうと考えている事業の業界が、時代に合っているかどうかを見極めなければいけないと言うことになります。

日本社会の現在と今後に関しては、高齢者の割合が大きくなっていくというのは間違いありません。
したがって将来的には高齢者向けのビジネスというものが注目されています。

また国も高齢者向けビジネスの開拓に関しては補助金や助成金を交付することで起業を促すように力を入れています。

高齢化社会を迎えていると言うことで、起業と時代背景とは将来的に強いつながりがあると判断できます。

この先伸びていく業界とも判断することができます。

起業をするときには資金が必要となるので、創業融資を考えている人が多くなっていますが、将来的に有望視されている業界であっても、必ずしも創業融資の申請が通ると言うことではありません。

業界の大きな成長が見込まれると言うことは、他の人も同じように新規参入を考えていると言うことにつながります。

あなたのライバルがたくさん存在すると融資担当者が理解しているのであれば、あなたは他の競合会社とは違うところをアピールして違いを演出する必要があるでしょう。
創業融資の申請を行う際には必ず面談が行われるようになっています。

融資の時の面談で想定される質問をあらかじめ頭に入れておくことで、創業融資を受けることができる可能性は全く予想してなくて臨むケースよりも高くなることは間違いありません。

基本的には全て前向きに考えるように話を進めていきます。

創業動機や目的に関しての質問では、やる気の確認もされているということを忘れないようにしましょう。

代表者の略歴に関しては、創業ビジネスに活かすことができる経験をたくさんしているということが大きなポイントです。

創業する際には実績がないということで、代表者の今までの経験が評価対象になっています。
個人ですでに同じ事業を行っていたのであれば、個人事業の実績を見せることも可能になるでしょう。

市場環境に関しては、自分がこの先携わる業界の現状の環境や将来の見通しなどが確認されるようになっています。

ここでは問題点をしっかりと分析する力も確認されています。

したがって日本の社会の現在の市場の分析をしっかりと行っておくと言うことが大切です。

日本社会の現状の中でも、とくに環境や競合を分析することで、それが自分の会社の強みや差別化を知るきっかけとなります。

起業すると言うことはその先の売上も重要です。

したがって売上の見通しに関しては、事業計画書の内容にあわせて説明することができるように準備しておきます。

とくに計画書との整合性をしっかりと意識して話を進めるようにします。

整合性のない計画書は存在している意味がないと考えてもいいでしょう。

日本の時代背景とともに「市場規模の把握なしに拡大は難しく将来展望も加味した予測も必要」もご覧になってみてください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top