市場規模の把握なしに拡大は難しく将来展望も加味した予測も必要

市場規模の把握なしに拡大は難しく将来展望も加味した予測も必要

創業融資
創業融資を行う際にそのビジネスの展望性はあるのかは判断基準の1つになります。
判断基準の1つではありますが、ウェイトとしては非常に高いと言えるかもしれませんね。

その判断基準の中で市場規模を問われる可能性もあります。

市場規模とはこれから始めるビジネスにおいて、あなたの事業のお客さんとなりうる人がどの程度存在するのかということです。

除雪用具は基本的には降雪地域でしか需要がなく、自動車販売では免許を持っている人全員が市場規模になります。

このようにいくらビジネスに将来性があっても市場規模が小さくなるようなビジネス内容ではお客さんの絶対数が少なくなることが予測されるためビジネスとしての将来性はない又は低いと判断されてしまいます。

特に店舗などエリアに限定したビジネスを展開する場合には、徒歩圏内なのか自動車での来店をある程度想定しているのかなどの商圏設定が重要になってくるでしょう。

その地区に将来的に人口が増加する見込みが当然なければ、将来性は失われます。

また、あなたの開始する事業の同業他社がひしめき合うエリアであれば、商圏のなかの顧客の取り合いになるためどのように優位に立つかビジョンをもって説明できなければ融資が可能だとは判断されません。

通信販売のようなお客さん候補のターゲット層が広い商売であれば、商圏はインターネットがつながる全世界となりますが、その中の顧客層による市場規模は限定されます。

たとえば電化製品を専門に扱う通信販売であれば、どの家庭でもターゲットになりますが、たいていの家庭の場合では買い替えとなります。
一年間での買い替え率が市場規模になり、その中で同業他社とシェアした分があなたの事業の規模と判断されます。

先の自動車の例でも新車の需要は年間500万台程度、しかし中古市場であればその10倍以上の5000万台程度の市場を持っています。

さらにエリアの限定や同業他社のシェアを考えれば市場規模の限定は余儀なくされます。

つまりより新しい商品でどの層でも利用することのできる商品であれば、市場規模は限りなく無限大に近いのですが、必ず後追いの業者は出現します。

創業者より財力のある大企業の追随など社会では一般的です。

そのような事態も回避できる事業計画を事前に準備しておくことでリスク回避になり、創業融資を受けやすくなるのです。

市場規模は社会の動きによっても変化します。
震災が起きれば復興のための資源調達や人力が必要なりますし、現在の日本のようにオリンピックが数年後に開催されるとなれば、建設業界には追い風です。

新幹線が開通すると駅周辺の活性化や観光業界や旅行業界にも変化があります。

将来の動きを先読みし、追随していく能力も市場規模の把握とともに経営者に必要な能力となってくるのです。

市場予測などを行うと同時にあなたか個人事業主として始める場合もあると思いますので「個人事業主にはアピールできる自分の強みが必要」もご覧になってみてください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top