そもそも創業融資って何??

そもそも創業融資って何??

創業融資

そもそも創業融資って何?

経営者のための融資制度となる創業融資ですが、創業融資とは何かを考えていきましょう。

個人事業をスタートさせるにあたり、制度を利用するメリットやデメリット、融資を受ける必要性などを知ることは、その後の事業の拡大や展開に左右する問題となります。

一般的な融資制度においては、会社の信用性がものを言う審査によって、融資可能であるのか否か、決定します。

創業したばかりの会社をはじめ、個人事業主が融資を受けたい場合、実績や売上高などの信用性が乏しいために、金融機関においての審査の対象として取り扱ってもらえず、融資はもちろん、審査さえ通過することは難しいと言われています。

そこで利用できる制度となるのが新創業融資制度であり、政策金融公庫において、新たに事業をはじめたい方や、新事業をスタートさせて間もない事業主に対し、無担保・無保証人で利用することのできる融資制度を展開させています。

国をはじめとした自治体によって展開されており、創業融資の種類には政策金融公庫によるサポートと、自治体による制度融資が展開されているのが特徴です。

この制度を受けるメリットは多々挙げることができ、信用性を勝ち取ることに繋げることが可能になります。

通常、金融機関において、審査の対象となるのは会社の実績や売上などの利益や信用性が重要視されています。

現在、融資を受けている会社は多数あり、金融機関による信用力で資金に対してのサポート力を強固のものへ変えています。

国や自治体からの融資を受けられることにより、社会的に信用力を得ることに繋げられる点でも、新しい事業を展開させる事業主に対するメリットに結び付いています。

創業融資とは何か?この問いかけについては、これから事業を開始するサポート制度であることはもちろん、先の先を見据えた事業計画の基盤を作るキッカケにも繋げられるなど、長い目でみた時、金融機関との繋がりが出てくるために後々の融資に向けた判断材料となる制度とも言えます。

事業計画がしっかりしているだけで、その後、拡大させたい・発展させたい事業内容に関して融資が受けやすくなるなど、メリットが将来的にも挙げられます。

新規開業資金として、あるいは若者や女性をはじめ、シニア起業家資金としての利用など、ベストなタイミングとして実績が何も出ていない創業期に申請することで、その後の事業展開、金融機関との付き合いにまで発展していく制度となります。

さらに近年では、中小企業のみならず、小規模となる事業主向けとなる資金繰りのサポートが強化されはじめ、幅広い年代や目的での利用をサポートしてくれています。

起業家の事業に融資してくれる機関として最も身近な存在を紹介した「日本政策金融公庫とは?」もご覧になってください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top