事業計画書は基本的な事業の話の内容が重要

事業計画書は基本的な事業の話の内容が重要

事業計画書
創業融資を受ける際の事業計画書には、どのようなことを記載するべきなのでしょうか。
重要なのは基本的な事業の話の内容です。

なぜなら融資を決める審査をする担当者は、まず第一に事業内容に目を向けるからです。

事業内容を元に、その事業計画の独創的な点、市場ニーズとの整合性、現実性のある計画であるかが判断されます。

初めて事業計画を書く方はどのように書いたらよいか、分からない場合がありますが、これに対する効果的な解決策があります。

それは、前例のある基本的なフォーマットの事業計画書を参考にして、記入形式で書き始める、というものです。

まだ融資を受けることを検討していない初期段階においても、事業計画書を作成することで自分の事業の戦略が明確化する効果があり、これによって事業計画がより洗練されるといった効果もあります。

次に、基本的な事業の話の内容と想定される市場規模や売り上げ予測の数値を積み上げていきます。

この場合、根拠のない数字を列挙するのではなく、多くの人が認知している市場規模などの数値から話をスタートすると融資の審査官との意思疎通がスムーズになります。

これによって審査官との間に同じ市場観を共有しているという前提ができあがります。

これに続いて、論理的な思考に基づいて、自分の事業計画における売り上げや顧客数の推移を予測する論理展開に進みます。

ここにおいて重要な点は、基本的な事業の話の内容と数値との間を結びつけながら記載することです。

事業計画書は、数値の話だけを述べるものではなく、事業がどのようにしてお金へとつながっていくのかを示すものです。

数値の計算過程だけを延々を述べるようなものになることは避けましょう。

上記の点に留意して事業計画書を書くと、非常に分かりやすいものに仕上がることになります。

この点は非常に重要となります。

その理由は、事業計画の内容を話す相手である担当者と、実際の融資の決定をする人間は別の人であることが通常であるからです。

つまり、実際の融資を決定する重要人物には別の人間があなたの事業計画を説明することになります。

従って、あなたでなくても、この事業計画書をみて説明すれば真意が明白に伝わるような事業計画書であることが不可欠なのです。

創業融資の担当者の視点になって考えてみましょう。

安心して融資を決定できる事業であるかは、基本的な事業の話の内容が整理されているかどうかになります。

どの市場ニーズを満たしたいのか、どのほどの成長性が見込めるのか、事業を運営する企業経営の方針はどのようなものなのか、などこれらが明確に整理されている場合、融資を決定する可能性が上がります。

toiawase

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top