事業計画書と資金繰り表は経営状態のカルテ

事業計画書と資金繰り表は経営状態のカルテ

事業計画書と資金繰り表

資金繰りは現実性がすべて

創業融資を受けるためには事業計画書を提出する必要がありますが、いったん融資を通過したのちに資金繰りをきちんと行わないと融資を受けた資金の返済が滞る要因となってしまいます。

そのため資金繰りは現実性がすべてであり、現実と偽った資金繰り表では経営の正しい判断ができなくなってしまいます。

資金繰り表は家庭で言えば家計簿と同じです。
収入と支出のバランスを一覧表にしておかないと赤字に転落したり必要なものを変えなかったりします。

企業でも同じで資金繰り状況を常に把握できることが新たなビジネスチャンスにどれだけ資金を投入できるのかなどの判断となります。

資金繰り表は自分で作るのがおすすめです。

資金繰り表をあなた自身で作成することをオススメする理由は、作成方法を知っておくと将来の資金調達の際に役立つということ、そして自分で作成する機会は事業が軌道に乗れば減っていきます。

そのため最初くらいしか作る経験ができないのです。

最後に作成方法の知識は売り上げや利益を向上させるための基本要素だからです。

会社の目標を立てる上で、最初は事業計画書を作成します。
これは創業計画書とも呼ばれますが、資金のやりくりは自己資金と融資を受けた分で行われます。

資金繰り表はここから始まります。

毎月の売上予測と利益予測を立てて、現実はどうだったのか資金繰りを表にしていきます。
目標と実績を比較し、なぜ目標を達成できなかったのか理由を考え、その改善策をうちだすことで翌月同じ失敗を繰り返さないようにしていきます。

これが企業の成長であり、そのためには資金繰り状態が把握できる必要があるのです。
残りの資金状態を把握することでコストの割合の変更や売り上げ拡大への切り替えなど方向転換することもいち早く対応できます。

お金が無くなったら会社は最後です。
会社の生存率を高めるためにも将来のお金の動きをきちんと予測しておくことが大事なのです。

経営基盤は初期状態にほとんどが決まります。

逆を言えば、初期に経営の仕組みや流れを整えられない場合、基盤が安定していないため、企業が軌道に乗ってもすぐに傾いてしまう可能性があるのです。

自分で作るのが苦手という場合にはプロに頼むこともできます。

本来自分で作れることが利用なのですが、作らないよりはましです。

しかし自分の経営を他人に指図されるようなことになりかねませんし、資金の流動理由が把握できません。

企業を経営するということはその企業の資金状態を誰よりも把握し、その将来性を誰よりも予測し続けることなのです。

資金繰り表も大切ですが、融資を受けるためには事業計画書を作成できなければどうにもなりませんので「創業融資を受ける際の事業計画書の書き方」もご覧になってみてください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top