なぜ、お客様は喜んでくださるのか?

なぜ、お客様は喜んでくださるのか?

事業計画書

3つの要素を満たしているか?

あなたの展開する商品やサービスがお客様に喜ばれるかどうかは以下の3つのことを満たしているかです。

①商品に購入や利用するだけの価値を与えることができるか
②提供するモノやサービスが想定しているお客様が好みのものになっているか
③お客様が購入することを理論的に説明可能か

特に現在では人々がお金をあまり使わない時代になっていますので、これがなければ本当に困るといったものしか積極的に購入することはなくなっています。よくいろいろな商品がニュースなどで〇〇離れといって売れないことの原因を突き止めようとする記事などが掲載されていますよね。

バブルのようにお金が余っており、毎年のように給料が右肩上がりで上昇する時代ではありませんので、現在のお客様は本当に価値があると判断したものにしかお金を出そうとは思わなくなっているのです。

ですから事業のコンセプトを作る際には、お客様が「これは自分に向けて提供されているようなものだ!!」と思ってもらえるように、商品やサービスをわかりやすくしなければいけないと言えるでしょう。

この時に大切なことは、想定しているお客様の考え方や行動習慣を、提供側であるあなたがお客様とシンクロできるくらいにまで手に取るように理解できているかということになるでしょう。

メリットばかり考えていると行き詰ってしまう場合には、あなたが実際に商品やサービスを購入する場合に、どのようなことを考えているかを思い出してみてください。

そしてお金を支払う段階で、もう少しここが改善されたら今以上に利用するのになといったお客様の考える改善点や不満点を解消することで新たな商品やサービスを生み出すことも可能になってくるのです。

決断を行うのは経営者であるあなた自身

個人であれ法人であれ事業を営むということは、決断と選択を毎日のように迫られることになります。

あるお客様達をターゲットとして商品やサービスを展開した場合には、その他のお客様からはあなたの商品やサービスはそもそも購入対象から外されてしまうこともあるでしょう。

すべての人たちがお客様になってもらいたいと思うことは経営者としては最高の理想像かもしれませんが、すべての人々が喜ぶものを提供することが不可能な以上は、お客様の層を限定してその人たちが最高に喜んでくれるものを提供していくしかないのです。

ターゲットを絞り込むことはビジネスのチャンスを失うだけではないかと思うかもしれませんが、誰に売りたいのかわからないものの方がお客様への訴求力ははるかに弱いことを理解して、提供する商品とサービスを鋭角化させていきましょう。

世界中の人が喜ぶものなどないことを常に忘れずに。

事業計画書に入れるべき内容に関しては引き続き「なぜお客様は買ってしまうのか?」に掲載していますので、ご覧になってください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top