なぜ、お客様は買ってしまうのか?

なぜ、お客様は買ってしまうのか?

事業計画

なぜあなたの商品なのか?

あなたが提供するサービスまたは商品が世界で1つしかない独創的なものである場合には心配はいらないでしょうが、多くのビジネスの場合には自社のライバルとなる競合商品が市場に既に流通していることでしょう。

例として自動車用品店の商品を挙げて考えてみましょう。

様々な場所に店舗を構えている自動車用品店ですが、店内に並べられている商品はほとんどが同じようなもので、値段も多少の違いはあるものの劇的に差別化されているということはありません。しかし、似たような商品の中でも、圧倒的に支持されて売れるものがある一方で仕入れたものの全く見向きもされない商品も存在しているのです。

理由はデザインであったり色であったりと人によって様々な理由があるでしょうが、多くの商品のなかからお客様に自社のサービスや商品を選択してもらうためには、顧客があなたの提供するサービスや商品を好きになってもらうことが最も効果的であると言えるでしょう。

人が商品を選択する条件は単に値段が安ければいいといった単純なものではありません。このような誰でも判断できる要素よりもお客様の心に響いて理由は説明できないけれどいつもこの商品を買ってしまうといったような、当人以外には理由が説明できない要素の方が重要な場合が多くあるのです。

デザインがストライクであったり、可愛いことが魅力的、色が普段の生活で使用しているものとマッチしている、優しい雰囲気が安心感を与えてくれる、ネーミングがどうしても気になるなど、人々の個性と感性に関わる部分が意外なことにサービスや商品を購入する際の決定的な要因になっていることが多いのです。

感性のシンクロは重要なもの

お客様は、あなたが提供するサービスや商品が放つ完成、突き詰めて言えばサービスや商品を提供しようと考えたあなた自身の完成に魅力を感じて、サービスや商品を利用することになるのです。

お客様が感じた、あなた自身の完成は英語で言うとコアエッセンスと表現されています。

どんなに使い勝手がよくて便利なサービスや商品であったとしても、あなたの感性に同調できてシンクロできない場合にはお客様がサービスや商品を購入することはないと思っていいでしょう。

シンクロという表現があらわすようにサービスや商品を提供する側のあなたの一方的な考えでは市場で受け入れてもらうことは厳しいことを十分に自覚しておくようにしてください。

あなたの感性を探そう!!

あなた自身の感性(コアエッセンス)が何かよくわからないという場合には、これまでにあなた自身が好きな商品やサービス、またはお店に共通している部分を紙などに書き出して探してみるといいでしょう。

あなたが市場に数多く存在する商品から、特定のものを購入し続けている理由が何かを考えることが、あなたの感性を見つけ出すには非常に有効的な手段です。

あなたに感性があるようにお客様にも当然感性を持っています。

サービスや商品を考える場合には、あなたの感性を基準としてターゲットとなるお客様はどのようなものを求めてサービスや商品を利用してくださるのかを考えることはもちろん、ターゲットとなるお客様の感性に訴えかけることのできる部分はどのようなところなのかも考えるようにしましょう。

最終的には商品にあなたの感性を反映させることができれば、その感性は会社のコアエッセンスとして市場でお客様に訴求することになるのです。

事業計画書を作成するときに考える事業のコンセプトには会社のコアエッセンスを入れておくことが非常に重要になります。

マーケットの流行だけを追って似たような商品を提供するだけでは、いずれ飽きられてしまう危険がありますから、あなたの感性から導き出された会社のコアエッセンスをサービスや商品に入れ込むことで、お客様により好まれるようになることを覚えておいてください。

事業計画書の完成度を上げるためにも「お客様を喜ばせることができる理由は?」も続けてご覧になってください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top