事業計画書っていったい何?

事業計画書っていったい何?

事業計画書
創業間もない事業者や、これから起業を考えている起業家にとって、事業をスムーズに展開するには資金繰りがものを言うため、通常は金融機関での融資を申請する流れが一般的です。

しかしながら、これから起業を考えている段階では成功の判断が付かず、融資する金融機関側にとってデメリットとなるケースも考えられるため、政府系金融機関である日本政策金融公庫など、国からの貸付制度となる創業融資制度を利用する手段が提案されています。

国からの信用力を得ることによって、事業をスムーズに始めることや起業することが可能であり、返済能力の有無を問う金融機関とは異なる利点を様々に得ることが可能です。

成功できる事業が必ずしも展開できるわけではないのもビジネス社会の実情として挙げられており、その原因の中には事業計画書の作成を行わずに、無計画に事業を進めてしまうケースが目立っています。

ビジネスを成功へと結び付ける事業計画書とは何かを紐解いていくことで、目的を明確にし、金融機関などにおける融資を受けられるようになり、事業への協力や支援を申請できる利点に繋がります。

事業計画書とは、会社の基本情報や創業主の起業の動機などを記すなど、いわゆるプロフィールのような書類となります。

創業融資の申請時だけではなく、出資を受けたい時にも事業計画書は必須となる書類で、融資するための審査結果に影響するほど重要となる書類です。

日本政策金融公庫などで創業融資を申請した場合には、事業計画書を元にして起業家本人の面談があり、その時に事業の計画が事細かに記載されているデータを用いりながら、説得力のある説明を行うことによって、融資するための判断材料となり、審査を通過することに結び付けられます。

事業計画書とは何かを紐解くと、融資の可能性を見極められる材料であり、また計画内容によって信用性を高められる材料と言えます。

さらに、融資目的での利用だけに留まらず、客観的や論理的に内容を判断できるために事業の方向性を自らもチェックでき、方向の修正も可能となり、成功の良し悪しが把握できる利用手段にもなり得ます。

記載する内容には、事業全体の概要となる目的をはじめ、売上や利益の予測などを記載します。

また、進めたい事業に関して利益や実績に繋がるものであるのか、客観的な検証と裏付けが必要となります。

もちろん、良い点ばかりではなく、事業上の問題やリスクに関しても記載する必要があり、その解決方法までを詳細に記載することにより、計画性が立証されやすくなり、スムーズな支援や協力を受けることに繋がります。

toiawase

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top