創業融資と自己資金の大切さについて

創業融資と自己資金の大切さについて

融資と自己資金

創業融資を受ける際に最も重要なポイントになるのが自己資金です。

自己資金とは読んで字のごとく自分で用意したお金のことです。

例えば、株式会社を設立する場合には株式会社の資本金として発起人から出資された金額が会社の自己資金と言う事になります。

以前は創業融資を申し込む際には創業に必要な事業費の2分の1が必要とされ、仮に1000万円の融資が必要だった場合には1000万円の半分である500万円の自己資金が必要でした。

現在ではその条件は緩和し、創業資金総額の10分の1の自己資金があれば融資を受けられる可能性があります。

しかしこの条件は有名無実化していますし、何よりも10分の9もの資金を借入することは非常に危険だと言えます。

借りたお金は必ず返さなくてはなりません。
融資は金利は低いですが、お金を借りていることには全く違いはありません。

なので資金の大部分を借り入れに頼ってしまうと返済額も大きくなり、資金繰りが苦しくなります。

したがって、条件が緩和したとはいえ自己資金の大切さには変化はないと言えます。

また、自己資金の額は融資の際の判断材料の一つとされています。

多くの金融機関の担当者は、やる気熱意のある起業家に融資したいと考えています。

やる気のある起業家に融資を行いたいと考えている理由としては貸したお金を返してもらいたいと言う点が挙げられます。

その為、開業した後も事業を運営し返済していく覚悟があるかどうかを重視しています。

そして創業融資の場合は過去の実績がないので、起業家自身の過去の経験などが判断材料なります。

その際に自分がどれだけ努力をしてきた事をアピールしても、その証拠や根拠となるものが必要になります。

その証拠や根拠となるものが自己資金です。

また、その自己資金がどのように作られたかも重要なポイントになります。

具体的には給与や退職金を貯めたお金なのか、不動産などの資産を売却して用意したお金なのか、または保険などを解約して用意したお金なのかなどがチェックポイントになります。

この時に注意しなくてはいけないのが一時的に用意したお金、いわゆる見せ金です。

基本的にこの見せ金を自己資金として申請した場合、融資を受けることは不可能になります。

自己資金とは自分で用意したお金しか認められません。

例えば、親や友人に借りたお金は自分で用意したお金ではないので自己資金とは認められません。

またこの見せ金で融資を受けた場合それが発覚した時点で融資は取り消しになりますし、今後融資が受けられなくなる可能性が高くなります。

なお、借りたのではなく貰ったお金なら自己資金と認められる場合もあります。

自己資金の重要性を理解した後は「ビジネス成功のポイントは融資にあり」もご覧になってみてください。

Copyright © 2017 創業融資サポートPRO広島 All Rights Reserved.
Top